NISAを開設できるのは2023年までとなっています

NISAの失敗にはどのようなものがあるか気になりますよね。

期限につきましては当初から決まっていたことではありますが、これから運用をはじめる方にとってはあと僅かな期間になってきました。

2023年まではすでに買っていて5年の期限が切れたものであっても、ロールオーバーで持越しをすることが可能でしたが、これからはじめる方にとっては、この制度は無関係ですね。

それでは2023年を迎えてしまったらどうなるかが気になってきますよね。

その場合は売却するか課税される普通の口座に移行するかの二択になります。

非課税口座と課税口座の間で株や投資信託を移行させることで、最終的な収益を計算しておきましょう。

NISAは解約可能なのかどうかと言う点について気になる方もいるかと思いますが、手続き可能ですのでまずはご安心ください。

但し解約するには条件があり、残高があると解約はできません。

証券会社等によって細かい手順は違ってくると思いますが、解約手続きをするための案内にしたがって手続きを進めることになります。

もう少し具体的にお知らせすると、非課税口座廃止届出書と個人番号提供書類と一緒に送付します。

必要な書類は手続きを申請した段階で郵送などで送付されます。

いつでも解約可能な点は、原則60歳まで解約不可なiDeCoと大きく異なります。

解約しやすいということは、それだけ始めやすいとも言えます。

大きく分けるとNISAの仕組みによって起こる可能性があるもの、金融商品自体がもっているリスクによって起こるもの、NISAの仕組みによるデメリットを無意識的に避けたいと思うことで非合理的な行動をとってしまうことの3つです。

NISAの仕組みによる失敗というのは、期間終了時に含み損が発生していた場合に、そのまま通常口座に移行させ株価が値上がりしてしまうと、値下がりした後の金額が基準になっていることから利益がでたとみなされ、含み損があるのにも拘らず課税されてしまうことです。

金融商品自体が抱えているリスクというのは、NISAじゃなくても値下がりしたら損するよねということです。

NISAの仕組みによるデメリットを避けるがゆえに起きるリスクというのは、NISAの枠が120万円ですから、その間に収まるように投資先を考えるといったタイプの思考法のことを指します。

投資に興味がある方はNISAのはじめ方から勉強してみるのがいいかもしれません。

はじめるだけならば、近所のゆうちょや銀行などでも可能です。

とはいえ、この方法は本当にただはじめてみたい人向けなので、堅実に収益を上げたいと考えている方には、ネット証券で口座を開設することを強くおすすめします。

基本的に銀行やゆうちょで販売されているのは、ローリスクローリターンの金融商品となります。

悪くはないのですが物足りなさは拭えません。

独占の金融商品に興味があるとかでなければ、取扱い金融商品が豊富で手数料が安いネット証券がオススメです。

NISAのリスクは主に2つあります。

1点目は、NISAという仕組み自体が抱えているリスクを紹介します。

NISAは利益に対して課税されないという性質がありますが、損失が出てしまったときに損益通算ができません。

これは源泉徴収ありの特定口座でも同様なのですが、NISAには5年間という期限があるところです。

期限が切れそうなときに通常の口座に移動させることはできるのですが、その場合、含み損が発生していたとしても考慮されないのです。

一度処分した後、再び買い戻したりする必要があるかもしれません。

そしてもちろん金融商品ですから、商品自体がもっているリスクも考えなければいけません。

NISAを銀行でやろうと思っている方はいませんか?いわゆるしがらみのようなものがないのであれば、手数料が安く取扱い商品も豊富なネット証券のほうがおすすめです。

ゆうちょや銀行などはご近所にある金融機関の場合、NISAって何?というところから丁寧に説明してくれますから、対面でやり取りできた方が安心できるという方もいると思いますのでダメというわけではありません。

NISAの最大のメリットである税金を引かれないというのは、結局のところ、支払うコストが低くなることに繋がりますから、それだったら手数料が安くなる可能性も高めていきたいですよね。

極力リスクを下げることも考えて銀行にするかどうか決めましょう。

NISAで1万円から始めたいと思っています。

貯金だけでも仕方ないしいくらかは投資してみるかな。

ということをお抱えの経済のプロのような人が雑誌などで言ってたりしますが、少額投資ならではのリスクというものもあるのです。

投資と言えば株というぐらいの定番なのでそれで考えてみますと、株ってやろうと思った人には分かると思うのですが結構大きな額が必要です。

そうなるとお金がある程度ある人にしか参加できませんし、投資先としてどこかの会社を選んだとしても結果としてどうなるかは神のみぞしるわけで、お金がある人にとってもリスクが高くてやっぱりやめようと判断することになります。

そこで投資信託という仕組みに注目があつまるのですが金融で仕組み化している分の手数料のようなものがかかってきたりします。

NISAは非課税というメリットがある一方でデメリットもあります。

それは「NISAは損失の繰り越しができない」ということです。

含み損が出ている状態で5年の期限を迎えた場合、証券会社であれば特定口座か一般口座に引継ぎとなりますが、そのとき、手数料こそかかりませんが、その値段で新規に買ったということになります。

50万で購入した金融商品が引き継ぎ時に25万円になっていた場合、口座へ引き継ぐ際には25万円で買ったことになり、仮に30万円で売却したとすると5万円分が利益という扱いになってその5万円から税金が引かれるということになるんです。

ですので、含み損がでているようであれば、一度決済してから買い戻すほうが現実的かもしれません。

そういう手間や手数料を全てひっくるめて総合的なコストが実際的なデメリットと言えそうです。

NISAの失敗にはどのような原因があるのかご存知ですか?考え方自体は実は非常にシンプルです。

大きく分けると、まずはNISAの仕組みによって起こるもの、金融商品であるがゆえのリスク、NISAの仕組みによるデメリットを避けたいと思うことで非合理的な行動をとってしまった場合のリスクの3点です。

NISAの仕組みによる失敗というのは、期間終了時に含み損が発生していた場合に、そのまま通常口座に移行し幸か不幸か株価が値上がりしてしまうと、含み損が出ていた時の金額が基準になってしまっているので利益がでたと判断され課税されてしまいます。

金融商品自体がもっているリスクというのは、NISAに限らず金融商品は値下がりしたら損するということです。

NISAの仕組みによるデメリット見誤り非合理的な行動をとってしまうリスクというのは、NISAの枠が120万円ですから、その間に収まるように投資先を考えるといったタイプの思考法のことを指します。

NISAとは何かをシンプルに言うと、株や投資信託などの取引を活発にして家計と経済を回していくために利益がでたら非課税にしますよという仕組みです。

日本では2014年にスタートして、年間にして120万円までが非課税で売買できる枠となります。

実際には日本に住んでいる20歳以上という条件があり、ひとりにつき1口座を持つことができます。

非課税枠というとすごく魅力的なので詳しく確認してみると、株式や投資信託の配当金や分配金や譲渡益といったものがそれに該当します。

最長で5年間という制限があり、現在保有しているも金融商品をNISA口座に移動させるということは残念ながら不可能です。

NISAによる資産形成はちょっと前まで結構話題になっていましたし、病院や銀行などに置いている雑誌などでも目に触れる機会があると思います。

かといって、実際に手を付けるかどうかは簡単には決められませんよね。

預金してもメリットが少ないからこれからは投資だといわれても、増えないからといって減らしたいわけじゃありませんからね。

生活をしていく上で投資をはじめるときに最初に考えるべきなのは、リスクがどうかではなく何のためにやるのかという目的です。

子供が大人になった時にまとまったお金が必要になるかもしれないと感じたなら、まずは数年先のことを予想してみるといいですね。

先の明るい企業を見つけて株を投資したり関連する投資信託を選ぶなど目的に合わせて投資を考えてみましょう。

NISAの口座を開設したいと考えているなら、まずはじめに考えるなくてはいけないことは、どこを選ぶかということでしょう。

NISA口座というものは1人につき1つしか持てないので、NISAに対応している金融機関の中から、どこが一番いいか厳選する必要があります。

一番有力な候補としては証券会社ですね。

特にネット証券は手数料が安いのでおすすめです。

あとは、単純に安さだけではなくキャンペーンなども合わせて比較すると良いですよ。

例えば売買にかかる手数料がかからないというものもありますし、キャッシュバックがある場合もあります。

投資金額が大きくないのであればキャンペーンを重視するというのも一つの手です。

NISAとジュニアNISAは何が違うのかご存知ですか?通常のNISAは自分のために口座を開設して投資するものです。

一方でジュニアNISAのほうは0歳から19歳までの子供や孫などために、親権者などが子供や孫の代理として運用していく仕組みになります。

口座を開設できない未成年のためという面と、子供や孫の備えという面の二つがあります。

ジュニアNISAには原則18歳まで払い出しができないという制限があり、20歳になりましたら、自動的にNISA口座に変更されます。

制度終了後に非課税期間を満了したとしても、20歳になるまでは金融商品を非課税で保有し続けられるというのは大きなメリットですね。

NISAを銀行でやろうと思っている方はいませんか?いわゆるしがらみのようなものがないのであれば、手数料が安く取扱い商品も豊富なネット証券のほうがおすすめです。

ゆうちょや銀行などは身近にあるお店では、NISAって何?というところから丁寧に説明してくれますから、直接やり取りした方が安心という方もいると思いますのでダメというわけではありません。

NISAの特徴である税金を引かれないというのは、出費が少なくなるというメリットですから、折角ですので手数料が安くなる可能性も追求したいですよね。

可能な限りリスクを抑えることも考えて銀行にするかどうか最終決定をしましょう。