NISAとは?分かりやすく考えるとこういうことです

株や投信といった金融商品の利益を限定つきで非課税にする制度です。

日本では2014年に開始した取り組みで、現在毎年120万円の非課税枠が設定されています。

より詳しく見ていくと日本に住む20歳以上の人という条件があり、実際には一人につき一口座と決まっています。

非課税という素敵な響きが魅力ですが、株などの配当や売買益といったものがその対象です。

最長で5年間という制限があり、今現在NISA以外で保有しているものはNISA口座に移管させることはできません。

NISAとジュニアNISAの違いが気になってきますが、通常のNISAは自分のために自ら口座開設をしてお金を出し投資していくというものです。

一方でジュニアNISAのほうは0歳から19歳までの子供や孫などために、親権者などが子供や孫の代理として運用していく仕組みになります。

ジュニアNISAには、NISA口座が開設できない未成年のための仕組みという面と、子供たちの将来のための備えという2つの面を併せ持っています。

ジュニアNISAには18歳まで払い出しができないという制限があり、20歳を迎えると自動的にNISA口座に変更されます。

NISAの枠組み自体が終わった後に非課税期間を満了したとしても、20歳になるまで引き続き非課税というのは大きなメリットですね。

NISAによる資産形成はときどきニュースになりますし、雑誌などで目にしたという人もいるかと思います。

しかしながら、実際に運用を始めるかというのは難しい問題ですよね。

預金金利が低いから預けておいても増えないからこれからは投資だといわれても、増えないからといって減ってしまうのはもっと嫌ですよね。

私たち一般人が生活の上で投資をはじめるときに最初に考えるべきなのは、リスクがどうかではなく何のためにやるのかという目的です。

子供が大人になった時にまとまったお金が必要になるかもしれないと感じたなら、まずは数年先の社会を予想してみてはいかがでしょうか。

将来発展しそうな企業を見つけて株を投資したり関連する投資信託を選ぶなど目的に合わせて投資を考えてみましょう。

NISAと積立NISAの違い端的に紹介すると、現物株やいろんな投資信託が扱える通常のNISAと違って、投資できる金融商品が決まっています。

積立NISAでは投資信託のみの運用になりますが、その中でも分配金を頻繁に支払うタイプではないという特徴を持っていて、販売手数料がノーロードであること、長期分散投資に適している公募投資信託か上場株式投資信託ETFであることなどに限定されています。

また、投資上限についても年40万円までという制限がありますからかなり違いがありますね。

上限が少ない代わりに非課税投資枠が20年間まで最大800万円迄となっています。

通常のNISAと併用することができないというのも気を付けなければいけないポイントです。

契約済みのNISAを別の証券会社や銀行に変えたというケースがあると思います。

1年に1回変更することができるようになりました。

もしくは、通常のNISAをつみたてNISAにチェンジしたいという場合があるかと思いますが、こちらの手続きも同様に1年に1回対応してもらえます。

ここで気になってくるのが、変更前に買った金融商品が、変更する時に強制的に解約する必要があるかどうかです。

結論からいうと、そこは大丈夫なのでご安心ください。

前年度に購入したものは継続して持ち続けられます。

もちろんNISAの枠組み制限はそのままですからその点は注意しましょう。

投資に興味がある方はNISAのはじめ方から勉強してみるのがいいかもしれません。

ただはじめるだけなら近所にあるゆうちょや銀行の支店などでもはじめられます。

とはいえ、ゆうちょや銀行では本当にただはじめるだけという人向けなので、堅実に収益を上げたいと考えている方には、ネット証券がオススメです。

基本的に銀行やゆうちょといった身近な金融機関で販売されているのは、ローリスクローリターンの金融商品となります。

悪くはないのですがそれしかないというのがちょっと気になるところ。

独占の金融商品に興味があるなどこれといった理由がないのであれば、手数料が安くて取扱い商品も多いネット証券が安定の選択肢といえます。

NISAが始められるのは2023年までです。

期限につきましては当初から決まっていたことではありますが、これからはじめる方にとっては残り僅かな期間になってきましたね。

この期間までは、5年の期限が切れたものでも、ロールオーバーといって持越しをすることができていましたが、これからはじめる方はこの制度は利用できないと考えて良いでしょう。

それでは2023年を迎えてしまったらどうなるかが気になってきますよね。

その場合は売却するか課税のある普通の口座に移行するかのどちらかになります。

非課税口座と課税口座の間で株や投資信託を移行させることで、最終的な収支を見積もっておきましょう。

NISAとジュニアNISAの違いが気になってきます

通常のNISAは自分のために自ら口座開設をしてお金を出し投資していくというものです。

一方、ジュニアNISAは、0歳から19歳までの子供やお孫さんのために、親や祖父母などが代理として運用していくことになります。

NISA口座が開設できない未成年のための仕組みという面と、子供たちの将来のための備えという2つの面を併せ持っています。

ジュニアNISAは原則18歳まで払い出しをすることができないという制限があり、20歳になりましたら、自動的にNISA口座に変更されます。

ジュニアNISAの制度が終わっても、20歳になるまでは金融商品を非課税で保有し続けられるというのは大きなメリットですね。

非課税で人気のNISA投資におすすめなのはどれでしょうか?あなたが投資をするという経験が今までなかったなら、まず最初に理解しておく必要があるのはNISAかどうかではなく、リスクリターンという両面性についてです。

預金より投資のほうがリスクが大きいという比較してどうかという話ではなく、何が起こるとリスクとして現れるかということを知ることです。

株の場合はその会社の先行きが不透明になると売られていって値が下がることがあります。

投資信託などは銀行などの身近な金融機関でも販売されているためなじみがあると思いますが、ファンドがどういう方針で投資先を決めているかということや景気変動との関係性についての理解は必要かと思います。

その上で、自分の投資に対する考え方と金融商品の特徴を合わせて考えてみましょう。

NISAによる資産形成はたまにニュースになっていますよね。

雑誌などで目にしたという人もいるかと思います。

しかしながら、実際にNISAをはじめるかどうかは難しい問題ですよね。

預金金利が低いから預けておいても増えないからこれからは投資だといわれても、減ってしまうリスクはやはり怖いですしね。

私たち一般人が生活の上で投資をはじめるときに最初に考えるべきなのは、リスクがどうかではなく何のためにやるのかという目的です。

老後にまとまったお金が必要になるかもしれないと感じたなら、まずは数年先の未来を想像してみることをおすすめします。

将来発展しそうな企業を見つけて株を投資したり関連する投資信託を選ぶなど目的に合わせて投資を考えてみましょう。

NISAとは分かりやすく考えると、金融商品の利益を非課税にするという制度のことです。

日本では2014年にスタートして、年間で120万円という金額が非課税で売買できる枠となります。

より詳しく見ていくと日本に住む20歳以上の人という条件があり、ひとつの口座のみを持つことができます。

非課税という素敵な響きが魅力ですが、株などの配当や売買益といったものがその対象です。

最長で5年間という制限があり、NISA口座以外のものをNISAで運用するということはできません。

NISAを銀行でやろうと考えている方はいませんか?取引先の銀行とのお付き合いだったりいわゆるしがらみのようなものがないのであれば、基本的には手数料が安くて取扱い金融商品が豊富なネット証券がおすすめですよ。

ゆうちょや銀行などはご近所にある金融機関の場合、NISAって何?というところから丁寧に説明してくれますから、面と向かってやり取りした方が安心という方もいると思いますのでダメというわけではありません。

NISAの最大のメリットである税金を引かれないというのは、支払うコストが低くなるということですから、どうせなら手数料もできるだけ下げていきたいですよね。

できるだけリスクを低くすることも考えて銀行にするかどうか最終決定をしましょう。

NISAの失敗にはどのようなものがあるか気になりますよね。

失敗の原因には、NISAの仕組みによって起こる可能性があるもの、金融商品であるがゆえのリスク、NISAの仕組みによるデメリット見誤り非合理的な行動をとってしまうことの3つです。

NISAの仕組みによる失敗は、期間終了時点で含み損が出ていたという場合に、そのまま通常の口座に移行させてしまうと、含み損を受けた後の金額が基準になってしまい余計に課税されることです。

金融商品自体がもっているリスクというのは端的にいってしまうと、金融商品ですから値下がりしたら損だよねということです。

3番目のNISAの仕組みによって非合理的な行動をとってしまうというのは、NISAの枠が120万円ですから、その間に収まるように投資先を考えるといったタイプの思考法のことを指します。

NISAで1万円から投資してみたい人は多いようです。

支出のバランスを崩さない程度に投資してみようかな。

ということをお抱えの経済のプロのような人が雑誌などで言ってたりしますが、少額投資するとなると実はそれなりのリスクもあるのです。

投資と言えば株というぐらいの定番なのでそれで考えてみますと、実際株ってものによっては数万ぐらいから数十万ほど必要になるんです。

となるとお金がない人は参加できませんし、限られた資金で選ぶ一つの会社が結果としてどうなるか考えてみても分からないですから、ある程度の資金があるとしてもやはり機関投資家ではないので限界はあるわけです。

投資信託であれば金融で仕組み化している分の手数料がありますがバランス投資が低予算でも実現できます。