NISAにはロールオーバーという仕組みがあります

NISAとジュニアNISAにはどのような違いはあるか知っていますか?

通常のNISAというものは自分のために口座開設をして投資するものです。

一方、ジュニアNISAは、0歳から19歳までのお子さんやお孫さんなどために、親権者などが代理で運用していくしくみになります。

ジュニアNISAには、口座開設ができない未成年のためという面と、子供や孫の備えという2つの面があります。

ジュニアNISAは、18歳まで払い出しが原則できないという制限があり、未成年口座名義人が20歳である1月1日を迎えた時点で自動的にNISA口座に変更されるという特徴があります。

ジュニアNISAは2016年1月から2023年12月までの8年間の制度となっていますが、この制度が終了した後でも、一定の金額までは20歳になるまで引き続き非課税というのは大きなメリットですね。

NISAと積立NISAの違いについて分かりやすく説明すると、積立NISAは現物株や様々な投資信託が扱える通常のNISAとは違い、投資可能な商品が限定されています。

積立NISAでは投資信託しか扱えないのですが、その中でも手数料が低く分配金を頻繁に支払うタイプではないという特徴を持っていて、販売手数料がノーロードであること、長期分散投資に適している公募投資信託か上場株式投資信託ETFであることなどに限定されています。

また、投資上限も年40万円迄ですからかなり違いがあると言えますね。

投資上限は低いですが、非課税投資枠が20年間まで最大800万円までという特徴もあります。

ちなみに、通常のNISAと併用することはできません。

NISAにはロールオーバー制度があります。

NISAは最長5年という条件が設けられているのですが、5年経過した後に、その年の新たな非課税枠を使用し、その状態のまま移すことをロールオーバーと呼ぶのです。

NISAの投資枠自体は毎年120万円と決まっていますが、購入した商品が120万円を超えている場合でもそのまま引き継ぎが可能です。

ジュニアNISAについても、枠の上限額や払い戻しのルールに多少違いはありますが、ロールオーバーの扱いについては基本的には同じです。

ただ、NISA自体が2023年までの仕組みですから、これから運用を始めるという人にとっては、ほとんど関係がないと言えるかもしれません。

投資に興味があるという方は、「NISAのはじめ方」から勉強してみてはいかがでしょうか。

はじめるだけであれば、最寄のゆうちょや銀行などでもはじめられます。

とはいえ、ゆうちょや銀行では本当にただはじめるだけという人向けなので、収益を上げることを念頭に置いている方には、ネット証券がオススメです。

基本的に銀行やゆうちょといった身近な金融機関で販売されているのは、ローリスクローリターン型の投資信託です。

決して悪くはないのですが、逆に言うとそれしかないのでちょっと気になるところです。

独占の金融商品に興味があるというわけでなければ、取扱い金融商品が豊富なネット証券がオススメです。

NISAを銀行で始めようと思っている方はいませんか?取引先にすすめられて…などいわゆるしがらみのようなものがないのであれば、手数料が安くて取扱い金融商品が豊富なネット証券が良いと思います。

ゆうちょや銀行などはご近所にある金融機関の場合、NISAとは?というところから丁寧に説明してくれますから、直接やり取りした方が安心という方もいると思いますのでダメというわけではありません。

NISA最大の特徴である税金を引かれないというのは、出費が少なくなるというメリットですから、それだったら手数料が安くなる可能性も高めていきたいですよね。

可能な限りリスクを抑えることも考えて銀行にするかどうか最終決定をしましょう。

NISAで1万円から投資をしてみたいなぁと考えている人は結構多いです。

支出のバランスを崩さない程度に投資してみようかな。

という類のことを言う人もいますしそう考えるといいことのような感じがしてきますが、本当のところ少額の投資では少額の取引自体のリスクがあったりします。

株式取引を例に考えてみますと、実際株ってものによっては数万ぐらいから数十万ほど必要になるんです。

となるとお金がない人は参加できませんし、あるひとつの会社がどうなるかなんて分からないので、お金がある人にとっても結局リスクがあるというわけでやはりハードルは高いようです。

投資信託がメニューに入っている理由がここで分かるのですが低予算でもバランス投資ができます。

NISA投資におすすめなのは何になるでしょう?もしあなたが投資の初心者だったとすれば、まず最初に理解しておく必要があるのはNISAかどうかではなく、投資にはリスクとリターンがコインの裏表のようについてくるということです。

預金より投資のほうがリスクが大きいという比較してどうかという話ではなく、リスクの発生と現実化のメカニズムについてのケーススタディをすることです。

株について言えば会社の業績や先行きなどが株価に影響を与えます。

投資信託についてはコストも低いのでつい軽視しがちですが、ファンドがどういう方針で投資先を決めているかということや景気変動との関係性についての理解は必要かと思います。

その上でもう一度投資に対する考え方を整理しなおしてみるといいでしょう。

NISAを利用する最大の理由はなんといっても非課税だからですよね。

せっかくのメリットを十分に活用するために、NISA投資のルールをきちんと確認しておきましょう。

毎年120万円の非課税枠が与えられますがこれは使い切りです。

枠という言葉に惑わされやすいのですが、例えば30万円の株を買ったあとに売却しても30万円分の枠は返ってこないということです。

一応解説すると、120万円までという枠ですから、合計120万円を超える商品は購入することはできません。

また、枠自体を持越しすることは出来ませんので、年内に使いきれなかった分は消滅し、翌年に新たに120万の枠となります。

NISAには最長でも5年という制限があるのですが、5年が経過した後、その年の新たな非課税枠を使って、そのまま移すことをロールオーバーと呼ぶのです。

NISAは毎年120万円と枠が決まっていますが、購入した金融商品が120万円を超えている場合でもそのまま引き継ぐことができます。

ジュニアNISAについても、枠の上限額や払い戻しのルールに多少違いはありますが、ロールオーバーの扱いについては基本的には同じです。

ただし、NISA自体が2023年までとなっていますので、これからNISAをはじめる人にとっては、あまり関係がないことなのかもしれません。

NISAと積立NISAの違いについて簡単にいうと、現物株や様々な投資信託が扱える通常のNISAと違って、投資できる金融商品が決まっています。

積立NISAでは投資信託のみの扱いとなりますが、その中でも手数料が低く分配金を頻繁に支払うタイプではないという特徴を持っていて、販売手数料がゼロのノーロードであること、長期分散投資に適している公募投資信託であることなどに限定されています。

投資上限についても年40万円までと決められていますからかなり違いがあると言えますね。

上限が少ない代わりに非課税投資枠が20年間まで最大800万円迄となっています。

通常のNISAと併用することはできないのも注意が必要なポイントです。

NISAとジュニアNISAにはどのような違いはあるか知っていますか?通常のNISAは自分のために自分が口座開設をしてお金を出して投資するものです。

一方でジュニアNISAのほうは0歳から19歳までの子供や孫などために、親や祖父母などが代理として運用していくことになります。

ジュニアNISAには、口座開設ができない未成年のためという面と、子供や孫の備えという面の二つがあります。

ジュニアNISAには18歳まで払い出しができないという制限があり、20歳を迎えると自動的にNISA口座に変更されるという特徴があります。

NISAの枠組み自体が終わった後に非課税期間を満了したとしても、一定の金額までは20歳になるまで引き続き非課税というのは大きなメリットですね。

NISAは非課税という最大のメリットがありますがその一方でデメリットもあります。

それは損失の繰り越しができないということです。

含み損のある状態で5年を迎えた場合、証券会社であれば特定口座か一般口座に引継ぎとなりますが、NISAの場合、引き継ぐ際に手数料こそかかりませんが、その値段で新規に買ったということになります。

50万で買った株が引き継ぎ時に25万円になってしまった場合、口座へ引き継ぐ際には新規で25万円で買ったという扱いになり、株価が上がって30万円で売却することになった場合、実質20万の含み損が出ているのですが、5万円分の利益が出たという事になってしまうのです。

ですので、含み損がでているようであれば、一度決済してから買い戻すほうが現実的かもしれません。

そういう手間や手数料といった意味での総合的なコストが実際的なデメリットと言えそうです。

NISAの仕組み上5年後どうするかは大きな課題です。

なぜならNISAには最長5年間という期限が決められているからです。

期限が切れたらそこでおしまいというわけではありません。

その時の時価で株や投信を一旦売却することができます。

それから翌年のNISA枠にスライドさせるという方法もあります。

このほかに一般的な証券口座などで引き続き運用することも可能です。

NISAの枠組みをどの程度活用するのかは、投資に対する考え方は人によると思いますので言いきれませんが、損をそのまま引き継いで証券口座で運用した場合、何も考えずに投資をすると結果的にマイナスとなる可能性があることは覚えておきましょう。

現在契約しているNISAを別の証券会社等に変更したいというケースがあると思います。

1年に1回だけ変更可能になりました。

もしくは、通常のNISAをつみたてNISAにチェンジしたいという場合があるかと思いますが、こちらの手続きも先程と同様に1年に1回変更が認められています。

ここで心配になるのは変更前に買った株や投資信託が、変更時に強制的に解約する必要があるかどうかだと思います。

結論から言うと、そこは問題ありませんのでご安心ください。

前年度に買ったものはそのまま持ち続けることが可能です。

もちろんNISAという枠組み自体の制限はそのままですので、その点はお気を付けください。