NISAで5年後どうするかというのは外せないテーマです。

NISAには最長5年間というルールが設けられているからです。

期限が切れたらそこでおしまいというわけではありません。

上がっているか下がっているか関係なく一度売ってしまうというのがまず一つです。

翌年のNISAの新しい枠で運用を続けることができます。

これらの他には通常の証券口座に移行するというのも可能です。

NISAの枠組みをどの程度活用するのかは、その人の考え方によって違うと思いますので一概には言えませんが、含み損がでているものをそのまま証券口座に引き継ぐと、忘れないでほしいのですが、非課税というのは損益通算できないということで条件付きのメリットであるということです。

NISAを利用する最大の理由はなんといっても非課税だからですよね。

NISAのメリットを十分に活用するために、NISA投資のルールを確認しておくことが重要です。

年間120万円の非課税枠は使い切りになります。

枠という言葉で取り違えやすいのですが、例えば30万円の株を買ったとして、後に売却しても30万円分の枠は返ってこないということになります。

一応解説すると、「120万円まで」という枠なので120万円を超えることはできません。

枠そのものを持越しすることもできませんので、年内に使いきれなかった分が、翌年増えるということにはなりません。

NISAとは何なのかできるだけ分かりやすく答えると、株や投資信託の売買益を非課税にするということです。

日本では2014年にスタートして、年間で120万円という金額が非課税で売買できる枠となります。

より詳しく見ていくと日本に住む20歳以上の人という条件があり、一人当たりひとつの口座を持つことができます。

非課税枠というとすごく魅力的なので詳しく確認してみると、金融商品の配当や売買差益といったものが該当します。

期間は最長5年までということになっていますが、現在保有しているも金融商品をNISA口座に移動させるということは残念ながら不可能です。

NISAで1万円から始めたいと思っています。

生活のバランスを崩さないように貯金もしつつそのうちのいくらかを投資に回してみる。

という類のことを言う人もいますしそう考えるといいことのような感じがしてきますが、実際には少額投資には少額ならではのリスクがあります。

株式取引を例に考えてみますと、株ってやろうと思った人には分かると思うのですが結構大きな額が必要です。

こうなってくるとお金があることが実質的な条件になってきますし、特定の1つの会社がどうなるかなんてそこまで信頼できることでもありませんから、お金がある人にとってもリスクが高くてやっぱりやめようと判断することになります。

投信であればバランス投資を実現できますが仕組み化している分若干ですがコストが増えてしまいます。

非課税という響きが魅力的なNISAのおすすめはどれでしょう?もし投資をしたことがないという初心者なら、まず先に分かっておく必要があるのはNISAだからどうかということではなく、投資と預金の最大の違いであるリスクリターンの考え方になれるということです。

預金は元本保証があるし投資はリスクがあるという単純な話ではなく、どういう経路をたどって可能性としてのリスクが現実のものになるのかを知ることです。

株について言えば会社の業績や先行きなどが株価に影響を与えます。

銀行など生活密着型の金融機関でも売られている投資信託は簡単そうに感じるかもしれませんが、投資先の金融商品を総合的に判断したり経済や景気がどうなるとどういう変化が起こるのかの予測ができておく必要があります。

あとはもちろん自分がなぜ投資をするのかということを合わせて整理するとおすすめは自然と見えてきます。

NISAで取引可能な商品はというと、ざっくりと分けて、株と投資信託、ワラント債というものがあります。

株と一口に言っても、リスクが高い信用取引は含まれませんし、割と低リスクとされる債券も対象外になっています。

比較的人気のある外貨MMFなども含まれていませんし、金やプラチナといった先物やオプションも対象には含まれていません。

FXなど、ハイリスク型と呼ばれる金融商品も含まれていません。

NISAが生まれたワケですが、日本では預金する人がとても多いため、預貯金の分を株式投資に利用できれば、経済が活性化するのではと考えられてのことだそうです。

つみたてNISAという仕組みが後継として生まれたことからも長期的に投資資金に回されることが狙いのようですね。

NISAと積立NISAの違いは、現物株やいろんな投資信託が扱える通常のNISAと違って、投資できる金融商品が制限されています。

積立NISAでは投資信託のみの扱いとなりますが、中でも手数料が低く、分配金を頻繁に支払うタイプではないという特徴があり、販売手数料がゼロのノーロードであること、長期分散投資に適している公募投資信託か上場株式投資信託ETFであることなどに限定されています。

また、投資上限についても年40万円までと決められています。

その代わり上限が少ない代わりに非課税投資枠が20年間まで最大800万円までとなっています。

通常のNISAと併用することはできないのも注意が必要なポイントです。

NISAを銀行で始めようと思っている方はいませんか?

取引先の銀行とのお付き合いだったりいわゆるしがらみのようなものがないのであれば、手数料が安く取扱い商品も豊富なネット証券のほうがおすすめです。

ゆうちょや銀行などはご近所にある金融機関の場合、NISAとは?というところから丁寧に説明してくれますから、そのほうが安心して運用できるという方もいると思いますのでダメということではありません。

NISAの最大のメリットである税金を引かれないというのは、出て行くお金が少なくなるというメリットですから、折角ですので手数料が安くなる可能性も追求したいですよね。

可能な限りリスクを抑えることも考えて銀行にするかどうか最終決定をしましょう。

NISAで取引が可能な金融商品と言えば、ざっくりと分けると株と投資信託とワラント債というものになります。

株といってもリスクが高い信用取引は含まれませんし、わりとリスクが少ないと言われる債券についても対象外になっています。

割と人気の高い外貨MMFなども含まれてないですし、情勢不安の際にでも安定して強いと言われている、金やプラチナといった先物やオプションも対象外です。

FXなどのハイリスク型の商品ももちろん含まれません。

NISAという商品が誕生した理由は、日本では預貯金する傾向が高いため、その分を投資に回すことができれば、経済全体が活性化するのでは?という想いから誕生したそうです。

つみたてNISAが後継として生まれたことからも、長期的な運用が狙いのようですね。

NISAとジュニアNISAにはどのような違いはあるか知っていますか?通常のNISAは自分のために自分が口座開設をしてお金を出して投資するものです。

ではジュニアNISAはというと、0歳から19歳までの子供や孫のために、親権者などが子供や孫の代理として運用していく仕組みになります。

口座を開設できない未成年のためという面と、子供たちの将来のための備えという2つの面を併せ持っています。

18歳まで払い出しが原則できないという制限があり、20歳を迎えると自動的にNISA口座に変更されるという特徴があります。

ジュニアNISAは2016年1月から2023年12月までの8年間の制度となっていますが、この制度が終了した後でも、一定の金額までは20歳になるまで引き続き非課税というのは大きなメリットですね。

非課税で人気のNISA投資におすすめなのはどれでしょうか?もし投資自体が初めてという方であれば、まず先に分かっておく必要があるのはNISAだからどうかということではなく、投資にはリスクとリターンがコインの裏表のようについてくるということです。

預金より投資のほうがリスクが大きいという比較してどうかという話ではなく、何が起こるとリスクとして現れるかということを知ることです。

例えば株式であればその会社の業績が大きく影響してきます。

投資信託は比較的身近な金融商品として知られていますが、投信自体を構成する金融商品がどういう基準で選ばれていてそれがどういう条件でどういう変化を起こすのかを知っておく必要があります。

その上で、自分の投資に対する考え方と金融商品の特徴を合わせて考えてみましょう。

NISAの口座開設を検討しているなら、まず最初に考えることはどこを選ぶかということでしょう。

NISA口座は一人につき一つしかもてないので、対応する金融機関の中からどこが一番いいか決めなくてはいけません。

一番おすすめなのは証券会社ですね。

その中でも、特にネット証券は手数料が安いのでおすすめです。

あとは、単純に安さだけではなくキャンペーンなども合わせて比較すると良いですよ。

例えば売買にかかる手数料を0円になるというものもありますし、キャッシュバックキャンペーンなどを行っている場合もあります。

投資金額が比較的少な目であれば、キャンペーンを重視するというのもオススメです。

NISAのリスクは大きく分けて2つあります。

1点目は、NISAという仕組み自体が抱えているリスクを紹介します。

NISAは利益に対して課税されないというのが最大のメリットなのですが、損失がでたときに損益通算ができません。

これは源泉徴収ありの特定口座でも同じですが、NISAで気を付けなければいけないのが5年間という期限があるところです。

期限を迎える前に一般口座に移動させることはできるのですが、含み損が出ていたとしても考慮されないのです。

一度売ってから買い戻したりする必要があるかもしれません。

あとは金融商品自体がもっている性質によるリスクというのは当然あります。

運用しているNISAを、他社もしくは他行に変更したいというケースがあると思います。

1年に1回、乗り換えが可能になりました。

もしくは、通常のNISAをつみたてNISAにチェンジしたいという場合があるかと思いますが、こちらの手続きも1年に1回変更可能となっています。

ここでポイントとなるのが、変更前に買った株や投資信託などの金融商品が、変更時に強制的に解約する必要があるかどうかだと思います。

しかしその点は大丈夫なので安心してください。

前年度に買ったものはそのまま持ち続けることが可能です。

もちろんNISAという枠組み自体の制限はあるのでその点は注意が必要です。