NISAの5年後は積立だけになるの?

NISAを利用する最大の理由はなんといっても非課税だからですよね。

NISAの利点を十分に活用するために、NISAのルールを事前にちゃんと確認しておきましょう。

毎年120万円の非課税枠が与えられますがこれは使い切りです。

枠という言葉がよく使われるので勘違いされやすいのですが、例えば30万円の株を買ったとして、後に売却しても30万円分の枠は返ってこないということになります。

こちらは誤解している人はあまりいませんが念のため解説すると、「120万円まで」という枠なので120万円を超えることはできません。

枠そのものを持越しすることもできませんので、年内に使いきれなかったとしても翌年その分増えるということもありません。

NISAで投資信託というのは初心者向けと言われています。

理由はというと、投資にかかる費用が少額で済むからです。

現物株の場合、1単元あたり数万円から数十万円なので、あまり数多くの銘柄には投資できません。

一度に大きな額を投資するという点で心理的なハードルも高いですね。

一方、投資信託は複合的な金融商品のため、120万の枠があるNISAであっても分散投資が実現できます。

投資にまわす予算があまり取れない方にもおすすめですね。

プロに運用してもらうという性質上手数料や信託報酬といったコストが掛かってくるのでその点は理解が必要です。

NISAの仕組み上5年後どうするかは大きな課題です。

というのもNISAには最長5年間というルールが設けられているからです。

この期限を迎えた時にできることをまとめておきます。

まず売却して換金するというのが一番分かりやすい方法です。

次の年のNISA枠でそれまで運用していたものを引き継ぐという方法もあります。

このほかに一般的な証券口座などで引き続き運用することも可能です。

NISA枠をどう使って投資をするのかは、その人の考え方によって違うと思いますので一概には言えませんが、通常の証券口座に含み損が出ている株などを移すと、損益通算ができないことによるリスクがあることは知っておいてください。

NISAで取引が可能なものは、ざっくりと3つに分けることがき、株、投資信託、ワラント債というものに分けられます。

株と一口に言っても、リスクが高い信用取引は含まれませんし、割と低リスクとされる債券も対象外になっています。

人気のある外貨MMFなども含まれていないですし、金やプラチナといった先物やオプションも対象には含まれていません。

FXなどのハイリスク型の商品ももちろん含まれません。

NISAが生まれたワケですが、日本では預金する人がとても多いため、預貯金する分を投資に回すことができれば、経済全体が活性化するのではと考えられて作られたのだそうです。

つみたてNISAが後継として生まれたことからも、長期的な運用が狙いのようですね。

NISAによる資産形成の話は、資産運用界隈では良く耳にする話題ですし、雑誌などでも目に触れる機会があると思います。

ですが実際にやってみるかは難しい問題ですよね。

預金金利が低いから預けておいても増えないからこれからは投資だといわれても、減ってしまうリスクは怖いですしね。

私たち一般人が生活の上で投資をはじめるときに最初に考えるべきなのは、リスクではなく、何のためにやるのかという目的です。

子供が大人になった時のために、まとまったお金が用意しておきたいと考えているなら、まずは数年先のことを予想してみるといいですね。

将来発展しそうな企業を見つけて株を投資したり関連する投資信託を選ぶなど目的に合わせて投資を考えてみましょう。

NISAの失敗ってやっぱり気になるものですが考え方自体はシンプルなので実は分かりやすいです。

大きく分けるとNISAの仕組みによって起こる可能性があるもの、金融商品自体がもっているリスクによって起こるもの、NISAの仕組みによるデメリットを避けたいと思うことで非合理的な行動をとってしまった場合のリスクの3点です。

NISAの仕組みによる失敗とは何かというと、期間終了時に含み損が出ていた場合に、そのまま通常口座に移行させると値下がりした後の金額が基準になってしまい余計に課税されることです。

金融商品自体がもっているリスクというのは簡単に言うと、NISAに限らず金融商品は値下がりしたら損するということです。

3つ目のNISAの仕組みによるデメリットについてですが、NISAの120万円という枠におさまるように投資先を考えるタイプの思考法のことです。

NISAとジュニアNISAにはどのような違いはあるか知っていますか?通常のNISAは自分のために口座を開設して投資するものです。

一方、ジュニアNISAは、0歳から19歳までの子供やお孫さんのために、親権者などが子供や孫の代理として運用していく仕組みになります。

ジュニアNISAには、NISA口座が開設できない未成年のための仕組みという面と、子供や孫たちのための備えという面があります。

ジュニアNISAには原則18歳まで払い出しができないという制限があり、未成年口座名義人が20歳である1月1日を迎えた時点で自動的にNISA口座に変更されるという特徴があります。

2024年以降の各年において非課税期間を満了したとしても、継続管理勘定では20歳になるまで非課税で保有し続けることができるというのは大きなメリットですね。

NISAによる資産形成はたまにニュースになっています

ですが実際にやってみるかは難しい問題ですよね。

預金してもメリットが少ないからこれからは投資だといわれても、増えないからといって減ってもいいわけじゃないですしね。

生活をしていく上で投資をはじめるときに最初に考えるべきなのは、リスクがどうかではなく何のためにやるのかという目的です。

子供のためにまとまったお金を用意しておきたいと感じたなら、まずは数年先の社会を予想してみてはいかがでしょうか。

将来に求められることをやっていそうな企業を見つけて株を投資したり関連する投資信託を選ぶなど目的に合わせて投資を考えてみましょう。

NISAは解約可能なのかどうかと言う点について気になる方もいるかと思いますが、手続きはできますからまずはご安心ください。

ただし条件があり、残高があると解約することはできません。

証券会社や銀行などによって、解約手続きは多少違うと思いますが、解約手続きをするための案内にしたがって手続きを進めることになります。

もう少し具体的にお話すると、非課税口座廃止届出書と個人番号提供書類が必要になります。

必要書類につきましては手続きを申請した段階で郵送等で送付されます。

いつでも解約できるという点は、原則60歳までは解約不可となっているiDeCoとの大きな違いです。

解約しやすいということは、これからNISAを始める人にとって始めやすいとも言えますよね。

NISAに興味がある方は、はじめ方から調べていくことをおすすめします。

はじめるだけであれば、最寄のゆうちょや銀行などでもはじめられます。

とはいえ、ゆうちょや銀行では本当にただはじめるだけという人向けなので、着実に収益を上げたいと考えている方には、ネット証券で口座を開設することを強くおすすめします。

基本的に銀行やゆうちょなどで取り扱っている金融商品は、ローリスクローリターン型の投資信託になります。

悪くはないのですが物足りなさは拭えません。

独占の金融商品に興味があるなどこれといった理由がないのであれば、売買手数料が安くて取扱い金融商品が豊富なネット証券が安定の選択肢です。

NISAの投資信託は初心者向けとなります。

なぜかと言うと投資にかかる費用が少なくて済むからですね。

現物株の場合、1単元あたり数万円から数十万円程度がかかるため、限られた銘柄にしか投資できません。

一度に高額を投資するという点で心理的ハードルも高いです。

それとは反対に、投資信託の場合は複合的な金融商品のため、120万の枠があるNISAであっても分散投資が実現できます。

投資にまわす予算があまり取れない方にもおすすめですね。

プロに運用してもらうという手数料などのコストが掛かってくるのでその点は注意しましょう。

NISAの失敗にはどのようなものがあるか気になりますよね。

失敗の原因には、NISAの仕組みによって起こる可能性があるもの、金融商品ゆえにはらんでいるリスク、NISAの仕組みを活かしきれず逆効果になってしまった場合のリスクの3点です。

NISAの仕組みによる失敗というのは、期間終了時に含み損が発生していた場合に、そのまま通常口座に移行させ株価が値上がりしてしまうと、値下がりした後の金額が基準になっていることから利益がでたとみなされ、含み損があるのにも拘らず課税されてしまうことです。

金融商品自体がもっているリスクというのは簡単に言うと、NISAじゃなくても値下がりしたら損するよねということです。

3つ目のNISAの仕組みによるデメリットについてですが、NISAの枠が120万円だからその間におさまるように投資先を考えるといったタイプの思考法のことです。

NISAの最大のメリットといえばやはり非課税ということですよね。

NISAならではのメリットを十分に活用するために、NISA投資のルールを確認しておきましょう。

年間120万円の非課税枠は使い切りになります。

枠という言葉がよく使われるので勘違いされやすいのですが、例えば30万円の株を買ったあとに売却しても30万円分の枠は返ってこないということです。

一応解説すると、「120万円まで」という枠なので120万円を超えることはできません。

そして、枠自体の持越しもできませんので、年内に使いきれなかった分は、その年の分そのまま消滅します。

NISAと積立NISAの違いについて簡単にいうと、現物株や投資信託が扱える通常のNISAとは異なり、投資可能な商品が限定されています。

積立NISAでは投資信託のみの運用になりますが、その中でも手数料が低いという特徴を持っていて、販売手数料がゼロであること、長期分散投資に適している公募投資信託であることなどに限定されています。

また、投資上限についても年40万円までという制限がありますからかなり違いがありますね。

その代わり上限が少ない代わりに非課税投資枠が20年間まで最大800万円までとなっています。

通常のNISAと併用できませんのでお気を付けください。